100年の歴史への挑戦 古民家再生リフォーム 【断熱対策工事①】

築100年の古民家なので・・・

当然、屋根裏や床下に

断熱材は入っていません(+o+)

 

古民家再生リフォームに取り掛かる前の

屋根裏はこんな感じでした。

 

これでは瓦の熱は入り放題、

室内の熱は逃げ放題ですよね(>_<)

 

という事で、

断熱材を入れて

快適な空間作りをして行きます!

 

断熱材にもいろいろな種類があって

●スタイロフォームやカネライトフォームと言った「ボードタイプ」断熱材

●発泡ウレタンなどを吹き付けて施工する「吹付断熱」

●まるでお布団の様なグラスの綿が入った袋を入れていく「グラスウール」

などがあります。

 

今回は、不規則な垂木に沿うように入れたいので

「グラスウール」を使いました(*^▽^*)

 

まずは、大屋根の屋根裏に貼り付けて行きます!

大屋根が大きいので、

施工後の眺めは壮観ですね!

 

大屋根が終われば、

当然下屋根の裏にも施工して行きます。

しつかり隙間なく貼り付ける事が出来ました!

 

これで、屋根からの熱の侵入と放出を防ぐ事が出来ます(‘◇’)ゞ

 

屋根が終われば、次は床です!

以前は、

「つま先立ちで歩ていた」とか

「底冷えがひどかった」と

お聞きしていた床の断熱材には

ボードタイプのスタイロフォーム50

を使いました!

 

搬入時の写真です!

けっこうなボリュームですね(*^-^*)

これを根太と根太の間に隙間なく

床全面に敷き込んで行きます!

しつかり、敷きこめました!

これで、床からの熱の逃げと進入を

しっかりブロックできます!

 

冬寒い古民家のイメージはこれでもう大丈夫!(*^▽^*)

暖かく快適な冬になりそうですね!

 

「たきもと」では丹波市・丹波篠山市・三田市・福知山市を中心に兵庫県下、京都府などで

 

●古民家改修工事

●床の張替えや手すりなどの介護リフォーム

●一般的な水廻りリフォーム

(お風呂リフォームやキッチンリフォーム、洗面台、トイレなど)

●外構・ガーデニングリフォーム

(カーポート、コンクリート工事)

●屋根工事・雨戸樋工事・外壁改修工事

などのご相談をお受け致しております!

 

気兼ねなくご相談下さい!

 

お待ちしております。(^o^)/

 


一覧ページに戻る