古民家再生リフォーム 第2弾開始!丹波市編【土間コンクリート】

今回の古民家も築160年の建物なので

家の中に基礎は存在しません。

 

柱が束石の上に乗り、

大引きも束で束石の上に乗っているだけです。

当然、床下は土の状態なので、

まずシッカリした足元を作るために

土間コンクリートを打設します。

 

まずは水平なコンクリートを打つために

全体のレベルを取ります!

真ん中に鎮座されているのが

レベルを取るためのレーザー

 

ほんとに今は機械があるので楽だなー

って思いますよね!

 

周りに打ち付けている細い木に、

墨を付けて行きます。

 

これが見積りにある

 

「水盛・墨だし」

 

と言う作業です。

この作業を基準にこの先リフォーム工事が進んでいきます。

 

レベルが出たら、湿気防止のビニールシートを敷き詰めます!

 

そんなこんなで、コンクリートが到着

土間コンクリートを打っていきます

ここからは、一輪車での体力勝負

今回は、お施主様も手伝って頂きました!

 

今回は範囲が広いのでトンボでならしています。

 

449590079158197

上の数字をクリックして頂ければ

お施主様が動画をFacebookに上げておられたのでご覧頂けると思います

 

次は、基礎を作って行きます!

よろしければ引き続きご覧ください!

 

「たきもと」では丹波市・丹波篠山市・三田市・福知山市を中心に兵庫県下、京都府などで

 

●古民家改修工事

●床の張替えや手すりなどの介護リフォーム

●一般的な水廻りリフォーム

(お風呂リフォームやキッチンリフォーム、洗面台、トイレなど)

●外構・ガーデニングリフォーム

(カーポート、コンクリート工事)

●屋根工事・雨戸樋工事・外壁改修工事

などのご相談をお受け致しております!

 

気兼ねなくご相談下さい!


一覧ページに戻る