古民家再生リフォーム 第2弾開始!丹波市編【床下地組】

丹波市で取り組んでいる、

古民家再生リノベーション

 

無事に基礎工事を終えて、

ここからは木工事になっていきます。

 

施工順に写真を撮ってなかったので

木下地が組み上がった写真ですが

ブロックに乗っているのが、「土台」です。

たきもとでは105㎜×105㎜の桧の乾燥材を使っています。

杉や集成材を使っている所もあると思います。

私はやはり、コンクリートをしたとは言え、

湿気などに強い桧を選んでいます。

 

土台から横に出ているのが「大引き」です。

これも土台と同じサイズの桧を使っています

 

そして、一番上に乗っているのが「根太」です

これは、堅い米松の40㎜×60㎜を立てて使っています。

 

今回の古民家再生リノベーションの現場は

「在来工法」での床組をしましたが

 

大引きの上に直接、床を貼る

「根太レス工法」などもあります。

根レスでは30㎜の杉無垢材を

床材に「たきもと」では使うことが多いですね!

 

つぎは、古民家再生では気になる所、床に断熱材を補填して行きます。

よろしければ引き続きご覧ください!

 

「たきもと」では丹波市・丹波篠山市・三田市・福知山市を中心に兵庫県下、京都府などで

 

●古民家改修工事

●床の張替えや手すりなどの介護リフォーム

●一般的な水廻りリフォーム

(お風呂リフォームやキッチンリフォーム、洗面台、トイレなど)

●外構・ガーデニングリフォーム

(カーポート、コンクリート工事)

●屋根工事・雨戸樋工事・外壁改修工事

などのご相談をお受け致しております!

 

気兼ねなくご相談下さい!


一覧ページに戻る