古民家再生リフォーム 第2弾開始!丹波市編 【屋根裏断熱】

丹波市で取り組んでいる、

古民家再生リノベーション

 

今回は屋根裏の断熱材工事です。

 

基本的に古民家の屋根裏には

 

何もありません

 

この古民家もこんな感じでした。

このリフォームで見えている垂木の間に

グラスウールと言う断熱材を入れて行きます。

グラスウールとはこんな材料です。(文章が長くなるので画像で)

あれ、床のと違うの?

って方もおられると思います。

古民家の垂木間や垂木のサイズは

今の建築のように同寸法でないことがあります。

そこには、この様に多少自由が利く方が

隙間なく施工出来て、断熱力も高くなると思います。

 

断熱材施工が終わるとこんな感じ

これだけ見ても、温かくなった感じですね!

 

次回は、1階の白壁再生をお伝えしますね

よろしければ引き続きご覧ください!

 

「たきもと」では丹波市・丹波篠山市・三田市・福知山市を中心に兵庫県下、京都府などで

 

●古民家改修工事

●床の張替えや手すりなどの介護リフォーム

●一般的な水廻りリフォーム

(お風呂リフォームやキッチンリフォーム、洗面台、トイレなど)

●外構・ガーデニングリフォーム

(カーポート、コンクリート工事)

●屋根工事・雨戸樋工事・外壁改修工事

などのご相談をお受け致しております!

 

気兼ねなくご相談下さい!


一覧ページに戻る